ホームページやチラシ作成も試したけれど伝わらなかった方へ

本当に伝えたい方のための 7つのサポート

【イラスト制作】 絵を描く仕事 イラストレーター <サイズ>
印刷物のためのデザインやイラスト制作では、用紙サイズは必須!

印刷物の用紙サイズ

チラシやパンフレットなど印刷物のデザインを制作するとき、サイズを必ず聞かれます。

A4とかB5とか、知ってて当たり前のようにサイズ記号を使われますが、実際には何cm(何mm)なのでしょうか。
チラシやパンフレットのデザイン制作で、「A4」と答えてしまったけれど本当に「A4」で良かったのか…確認方法が分かりませんよね。

そこで、正しい用紙サイズをご自分で確認できたら安心ですね。

A判 用紙サイズ 寸法一覧

A判 用紙サイズ

サイズ 寸法
A1 594×841mm
A2 420×594mm
A3 297×420mm
A4 210×297mm
A5 148×210mm
A6 105×148mm

 

印刷物の定形用紙サイズ(A判やB判)は、半分のサイズ毎で番号が順番に付けられています。

「A1」の半分 ⇒ 「A2」
「A2」の半分 ⇒ 「A3」
「A3」の半分 ⇒ 「A4」 ・・・

最も一般的に使用されているのが、「A4」サイズで、印刷物以外にも、事務的な書類(コピー用紙など)の多くは、この「A4」サイズです。

では、デザインのサイズをご自分で確認できるように、用紙サイズ一覧をみてみましょう。正しい用紙サイズが分かれば、ご自宅や職場でも定規で図ることができますね。

B判 用紙サイズ 寸法一覧

B判 用紙サイズ

サイズ 寸法
B1 728×1030mm
B2 515×728mm
B3 364×515mm
B4 257×364mm
B5 182×257mm
B6 128×182mm

 

B判もA判と同様に、半分のサイズ毎で番号が順番に付けられています。

「B1」の半分 ⇒ 「B2」
「B2」の半分 ⇒ 「B3」
「B3」の半分 ⇒ 「B4」
「B4」の半分 ⇒ 「B5」 ・・・

私たちが、「大学ノート」と呼んでいる一般的な横線の入ったノートのサイズは、「B5」サイズです。

「読んでみようか…」へ マンガで
ストレスを低減!

要点を視覚的に伝える 全文を読まなくても、
概要が伝わってくる…

難しい内容をやさしく… 単調な文字だけの
ページにアクセント!




▲ページTOPへ